大腸を正常化して健康に! 乳酸菌とビフィズス菌の違いとは

こんにちは ケーニッチです♪


だんだんと日が長くなり暖かく
なってきましたね♪


そして季節の変わり目につきものなのが
体調不良……(;´・ω・)


その体調不良は果たして季節の変わり目
だけが原因なのでしょうか?


大腸を正常化することにより
不調が消える!?

 
はい 消えます♪


ほとんどの体調不良の原因は、
実は大腸からきてるんです。


便秘や肥満、アレルギーといった
生活習慣病や肌荒れの原因も実は
大腸が大きく関わっているんですね。





なぜ大腸なのか……


腸には役割があり、
小腸で必要な栄養素を吸収し、
大腸で水分を吸収し排泄します。


さらに 大腸は吸収、排泄機能の
他にも、身体の約60%の
免疫機能があり、


脳にも直接直結している
臓器なんです。


なので外から入ってきた
バイ菌やウィルスから
身体を守る重要な役割を
担っているんですね。



大腸が不調になると……


先にも書いた通り、
水分の吸収、排泄の機能が
ありますが、老廃物が溜まり
炎症を起こしやすい
臓器でもあります。


長年の研究によれば
大腸が不調になると


免疫力が低下し風邪などの
感染症にかかりやすくなります。


さらに冬はインフルエンザや
今は新型コロナウィルスなどの
感染症にも……




大腸を正常化するには


大腸を正常化するためには 大腸に
住んでいるビフィズス菌を増やし、
悪玉菌を追い出すことにより
正常化していきます。




乳酸菌じゃダメなの?


そもそも 作用する場所が違うんです。


乳酸菌は主に小腸で作用し
ビフィズス菌は大腸で作用します。


あまり知られていない事ですが
大腸にも乳酸菌が全く居ない訳では
ありませんが全体の0.1%程度です。


そして 大腸から悪玉菌を追い出す
善玉菌のほとんどがビフィズス菌
なんです!!


さらに注目すべきは、それぞれの
菌が体の中で作り出す成分です。


乳酸菌は乳酸しか作らないのに対し
ビフィズス菌は 乳酸菌+酢酸を
作ります。


この酢酸がものすごい殺菌力で
悪玉菌をやっつけてくれるんです!


最近流行っている腸内フローラも
ビフィズス菌が絶妙なバランスを
保ってくれているんです。


と 言う訳で、
ボクもお腹の調子を崩しやすく

カミさんに

「ヨーグルトでも食べてみたら?」

なんて言われて食べていますが、


ヨーグルトもよく見ると乳酸菌が
入っているヨーグルトとビフィズス菌
が入っているヨーグルトが
ありますよね?


以前はボクも知らずにヨーグルトなら
なんでもいいと思って食べていました。

が、実は違ってビックリ(゚д゚)!しました(笑)


個人的な感想ですが 以前乳酸菌入りの
ヨーグルトを食べていた時は、
食べるとすぐにお腹がギュルギュルに
なってしまいトイレに駆け込んでいました。


それをビフィズス菌入りのヨーグルトに
変えたらトイレに駆け込むことが無くなり
今ではとても調子がいいです♪


もしも ヨーグルトを食べているのに
不調が改善されないと感じている方は
ぜひ ビフィズス菌入の
ヨーグルトを食べてみては
いかがでしょうか?



さていかがだったでしょうか?

身体の不調のほとんどは大腸が
原因で引き起こされる、

また大腸が不調になると
風邪などの感染症に感染しやすい。

そして乳酸菌よりもビフィズス菌の
方が効果が高いというお話でした。


もしも

『ヨーグルトや乳製品が苦手で食べれないよ』

と いう方はこちらも試してみてください♪

ユーグレナ【CUBIRE】で内側から美しく!!


このブログを読んだすべての方が
健康になれますように♪


ケーニッチでした♪


 


人気ブログランキング

↑ ポチっとおしていただけると 励みになります♪

コメント

人気の投稿