このブログを検索

りゅ〜♪1030のブログ

現役美容師が、徹底解説!!

2020年4月6日月曜日

腸内フローラと腸内環境改善のお話し

こんにちは ケーニッチです♪


日差しが穏やかになり 過ごしやすい
陽気になってきましたがいかがお過ごしでしょう♪


さて 今日はブログを読んでいただいた方々に
好評だった腸内環境のお話しをもう少し
詳しく書いてほしい とのリクエストを
頂きました♪

有難いことですね(^▽^)/

と いう事で今日は腸内環境にまつわる
腸内フローラのお話をしようと思います♪




 腸内フローラとは

腸内フローラは 
腸の中に住んでいる細菌の塊…

もっとわかりやすく説明すると
菌の縄張りのようなものと考えてください。



腸内には100兆を越える細菌が住んでいると
言われ おのおの縄張りを作って
生活しています。


そして お腹の中では常に縄張り争いが
起きています。


腸内環境を整える ということは、
善玉菌を増やし善玉菌の縄張りを増やして
あげることをいいます。



腸内に住んでいる細菌


腸内に住んでいる細菌は大きく分けると
3種類に分けられます。

  • 悪玉菌
  • 日和見菌
  • 善玉菌

悪玉菌
悪玉菌とは 文字通りお腹の中で悪さをする菌です。

代表的なものが大腸菌ブドウ球菌ウェルシュ菌などです。
この悪さを働く菌が増えると便秘になったり、お腹を壊したり、
免疫力が下がったり、お肌が荒れてきたりと色々な影響が出てきます。

善玉菌
善玉菌とは 腸内環境を良くしてくれる細菌で、代表的なものは
皆さんご存知、乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌、こうじ菌などなど…

善玉菌が増えると腸内環境が改善され、便のお通じも良くなり、
体の不調も改善されます。

こちらは 前記事で詳しく書いているので参考にしてください♪

日和見菌
日和見菌とは 善玉菌と悪玉菌 どちらの役目も果たす菌
で、善玉菌 悪玉菌どちらか優勢な菌と同じ働きをします。

つまり 悪玉菌が多いと悪玉菌と同じ働きをし、善玉菌が
多いと善玉菌と同じ働きをします。

代表的なのが大腸菌、バクテロイデス、連鎖球菌
などです。

あまりなじみのない名前ですね(;´Д`)



腸内環境の改善


さて ここまで話すと腸内環境を良くするためには
何をしたらいいのかおのずとわかってきますよね♪

そうです♪ 善玉菌を増やして優勢にするといいわけなんです♪

しかしここで問題なのが、善玉菌となる乳酸菌やビフィズス菌を
腸内に取り入れても、肝心の日和見菌はどうしたらいいの?
と いうことになりますよね?

この日和見菌、実は最近メディアでも話題になっている
土壌菌がすごくいいんです♪

土壌菌は約14.000種類ほどあり、お腹に必要な菌は
残り必要ない菌は体外に出てしまいます。

この土壌菌、どこから摂取するかというと、
畑の良質な土から摂取するんです♪

土を食べるの?

いやいや、土付きゴボウとか土がついている根菜
などを水ですすいで調理して食べると摂取できます♪

理想の比率は 

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7

が好ましいようです♪






なぜ毎日善玉菌を摂取しなきゃいけないの?


ちょっと汚いお話しになりますが
便 つまりうんちの成分って考えたことありますか?

昔から大便は健康のパロメーターと言われるほど大事なものです。

うんちの成分は、70%~80%は水分でその他は腸内細菌で、生きている
菌や死骸、新陳代謝によりはがれた腸の細胞 そして食べ物の残りかす
になります。

つまり、うんちをすると必然的に腸内の善玉菌や悪玉菌、日和見菌が
腸の外に出て行ってしまうんです。

出て行った分は補充しないと菌は自分で増える事ができません。

ということで毎日ヨーグルトや発酵食品を食べたほうがいいというのは
そういう事なんですね♪



まとめ


さて いかがだったでしょうか?

腸内フローラとは腸内の菌たちの縄張り。

善玉菌だけでは腸内環境は改善されない。

腸内細菌はうんちと一緒に出て行ってしまう。

というお話でした♪

腸内環境が気になる方はこちらもどうぞ♪

最後までお付き合い
ありがとうございました♪
m(*-ω-)m


このブログを読んだ全ての方が
健康になりますように♪



ケーニッチでした♪


関連記事







人気ブログランキング

↑ ポチっとおしていただけると 励みになります♪


0 件のコメント:

コメントを投稿

健康な体作りを考える